読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京都市大学世田谷キャンパスbotの日常

東京都市大学世田谷キャンパスbot(@toshidaisetacan)がTwitterを飛び出して、ブログを書いています

お給料日

私は普段週1~2日でアルバイトをしています。

私の場合、実家から都市大に通っていて、これ以上アルバイトの日数を増やすと、授業に支障が出たり、課外活動が行えなくなるなど、弊害が起きてしまうからです。

もちろん同じ都市大生でも、私よりアルバイトの日数が多い人や、逆にアルバイトをしていない人もいるため、アルバイトの頻度は自分にあった日数や時間で行ってください。

 

さて、私のアルバイトの場合、アルバイト代の振り込みは毎月25日です。

 中には1日や15日という人もいるかと思います。これもアルバイト先で違うと思います。

 

今回のお話で言いたいことは、この25日振り込みについてです。

 

何を隠そう私は名前の通り、世田谷キャンパスで様々な活動をしています。

ほとんどがボランティア活動や頼まれてもいないのに勝手にやっている行動なので、基本的に無報酬ですが、たまに大学から依頼を受けて学内TAを行うことがあります。

 

代表的なボランティア活動の内容は

日本科学未来館での活動(交通費支給)

尾山台フェスティバルでの科学体験教室

・学生サポーター(近日ブログにて詳しく…)

・選書ツアー(ボランティアというより自主的な参加)

 

学内TAの内容としては

・夏の科学体験教室(過去ログ参照)

・都市大エコ1チャレンジカップ(過去ログ参照)

学童保育への科学体験教室(現在は中止)

・近隣の小学校への科学体験教室(今年は未定)

 

などなど。とにかく分類としては「アルバイト代が出るか出ないか」で分かれています。

 

今回の話題はアルバイト代が出る方なんです。

 

実は大学のアルバイト代も偶然ながら25日に銀行口座に振り込まれるようになっているんです。

ということは、アルバイト先のバイト代と大学のアルバイト代が同時に25日に振り込まれるんですよ。

これの何が不便かというと、収入が月に1回しかないため、大きな買い物をしたあとなど、お金を大きく使ってしまったときに、新たな収入を25日まで待つしかないんですよ。

まさか大学のアルバイト代を前借するわけにもいかないですし…。(バイト先でも前借の制度は無し)

 

しかも今月も25日の振り込みなのですが、私の場合、夏の科学体験教室とエコ1チャレンジカップのTA代、夏休みのアルバイト代など様々な名目で振り込まれるのです。

ただ、24日から大学の後期が始まるため、振り込み日には大学が始まってしまっている…。

振り込み日は楽しみなのに、振り込み日より前に夏休みが終わってしまう…

そんなジレンマを抱えている世田谷キャンパスbotなのでした。

 

 

追記

文章を書いていると、途中からいろいろ書き足したくなることがあります。

今日はまさにそんな感じで書いたため、長くなりました…。