東京都市大学世田谷キャンパスbotの日常

東京都市大学世田谷キャンパスbot(@toshidaisetacan)がTwitterを飛び出して、ブログを書いています。基本的に月金更新です。

女子社員と昼ご飯を食べた話

基本的に平日は社員食堂にて一人で昼飯を食べています。

というのも、昼休みはさっさと飯を食べて自由時間を少しでも多く取りたいので、自分のペースで食べるようにしています。

 

とはいえ、狭い社食で席も限られているため、ほぼ毎日のように相席を余儀なくされます。大抵は自部署の上司だったり、近しい部署の社員だったり。

どちらにせよ、こうなってしまうと席を立ちづらくなってしまい、最終的には席の人が全員食べ終わるまで、つまらない雑談面白い話をしながら待ちます。食べるのが遅い人がいた日には、もう日が暮れるまで待つしか無いですね。

 

文章で見ると、すごく心の狭い嫌なやつに見えるかもしれません。実際その通りです。でもやっぱり会社員にとって、一人になれる時間といったら、昼休みくらいしかないじゃないですか。ましてやそこまで親しい間柄でもない人とご飯を食べててもそんなに面白くないし、だったら早く飯食べて一人で本読んだりスマホいじりながら「今日の夕飯何しようかなぁ」とか考えてた方が良くないですか?おまけに自部署の上司とかと相席になると、たまに仕事の話とかしてくるんですよね。本当やめてほしいっていうか、こちとら今昼休みの時間なんですけ(ry

 

まぁ愚痴ばっかり書いていても仕方がないので、先日食堂であった話。

今日も今日とて、社食にて一人飯を堪能していたところ、なんと女性社員が3名ほど、私の座っている机に向かってきて「この席誰か来ますか?」なんて聞いてきました。

生まれてくるとき、女性に対しての免疫を母親のお腹に置いてきた私にとって、まさにそれは青天の霹靂。あやうく私が食べていたとんかつカレーソースがけ(350円(税込))を喉に詰まらせて窒息死して来世でまた免疫を投げ捨てて生まれてきてしまうところでした。ふー危ない。

 

もちろん私はすぐさま「あー、いやー・・・たぶん来ないと思いますョ(えへらえへら)(オタク特有の早口)(俊足)(コーナーで差をつけろ)」と返していました。

もうこうなると何をやってもダメ。全くご飯の味が分からない・・・。今まで景色というのもおこがましいほどのちっぽけな庭を見ながら、優雅に一人でご飯を食べていたというのに・・・。そこに女性が過半数紛れ込んだだけで、そこはもうホテル最上階の格式高いフレンチレストランに早変わり!もしくは京都の老舗懐石料理屋でもいいかもしれません。とんかつカレーソースがけ(350円(税込))を食べていたのに、なんだかよく分からない何か(時価)になってしまいました。

しかもたちの悪いことに、その女性たちは事務員の方々で、年上・事務員の制服・なんだか分からないけどすごい良い香りの香水という、まるで童○を○すセーターが服を脱いで歩いてるみたいな。もう役満じゃねーか!みたいなね。伝われ。

 

変な話、電車で隣に女性が座ってきただけでも、めちゃくちゃ緊張しますよね。きっと眠って寄りかかられた日には、もう生きてないんじゃないかな。みたいな話。さて、これを糧に仕事頑張りますか。よっしゃ。

 

 

--------------------------------------------------

ご意見・ご感想はこちらから

g1316034@gmail.com

 

Tiwtter

@toshidaisetacan

@setacan_diary

--------------------------------------------------