東京都市大学世田谷キャンパスbotの日常

東京都市大学世田谷キャンパスbot(@toshidaisetacan)がTwitterを飛び出して、ブログを書いています。基本的に月金更新です。

風俗嬢と情のどうでもいい話

ラブホテルからちょうど出てきた男女って、ついガン見しちゃうよね。

 

 

こう見えて実は6年通っている風俗嬢がいます。

大学3年からだからちょうど6年。ちょうどの意味は全く分からんけど。

その風俗店が出来たのが9年前だから、そこそこ古参。人生で考えたら6年なんて短いけど、小学校を入学して卒業できるくらいって考えるとそこそこだよね。

 

僕は別にその風俗嬢にガチ恋しているわけではないんです。普段は女の子を前にするとガチガチになる僕ですが、さすがに6年も経つとナチュラルに話せる…というわけでもなく。

でもある種落ち着いた雰囲気にはなれる。当然たってるけど。あえて漢字にはしない。

 

なんというかここまで来ると「したい」って気持ちより「ただ会いたい」って方が強くなってくる。別に性欲が湧いてなくても「あ、そろそろ1ヶ月経つから会わないとなぁ」みたいな。

もちろんやることはやる。でもやることが目的じゃない。やるけども。やりますけども。

 

何が言いたいって、多分これ結婚でも言えることなんじゃないかなって。うちの母もなんで父と結婚したんだろうって思う。

 

会社のパートさんに「今でも夫のことを愛していますか?」って冗談混じりに気でも狂ったかのような質問をしたことがある。今思えば一介の若造が何を聞いているんだろうって思うけど。

そのパートさんは「うーん…昔は好きって感情があったけどね。でもやっぱり今は情があるから一緒にいたいって思えるよ」と返してくれた。天使か。

 

よく「情」という言葉が出てくるけど、僕には全く理解出来なかった。20年来の親友でさえ、疎遠になってしまうくらい人間関係が希薄な僕に「情」なんて言葉当てはまるのか?と本気で思ってる。というか思ってた。

でもね、その風俗嬢に対する思い。これって多分「情」なんじゃないかなって。そもそも僕は「情」と「愛情」を履き違えているような気がする。愛は抜けても情は残る。良い言葉ですね。今僕が考えました。

 

だからその風俗嬢に対して結婚したいとか、そういう感情は無いし、結婚したらその風俗嬢と会うつもりも無い。

生涯パートナーを愛することは難しくても、そのパートナーと情で結ばれるのは難しくないんじゃないかなって。倦怠期が来るのが先か、情が湧くのが先かの違いだけで。

 

刹那の楽しさより居心地の良さ。そういうの、人生において何よりも大事ですね。

 

 

--------------------------------------

ご意見・ご感想はこちらから

g1316034@gmail.com

 

Twitter

@toshidaisetacan

@setacan_diary

--------------------------------------